ワールド シャウラ 1832。 Newワールドシャウラ2702R

シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

そして次の釣行の時に、トリガーを忘れてしまうという失態を犯してしまうことがたまにあったりするのです。

11
シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

こちらは実機に触れる機会がなく、カタログ上での比較となります。 2831R-2 テクニカルファイティングスペシャル• ステーションワゴンに乗っているので、1ピースの長尺でも余裕で収納することができます。 左 ルナミスB806ML 右 1832R カタログスペックでは差がない 2本のロッドですが、ワールドシャウラの方がパワーランク的には上になります。

8
シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

それ以下になると、リールの性能でキャスト自体は全然できますがロッドの反発はあまり使えなくなってくる。

10
シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

ただし 「他の人よりも魚を釣りたい」「どうせ長く釣りをするなら高くて丈夫な竿を使い続ける方が良いに決まってる」という考え方を持っている人は、長期的に見れば17114R-2の方がお得と言えるでしょう。 それはそれで新鮮で楽しかったりもするのですが、やはりトリガーはあった方がしっくりときます。 17114R-2の場合、メタルジグをぶっ飛ばして様々な魚種を狙う「ライトショアジギング」でも使えます。

7
シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

2653R-3 マルチパーパスハイパワースペシャル 【追加】• スパイラルXコアなどの製法の進化で より曲がり込んでもロッドが潰れにくく、最後まで反発力が出て良く曲がる。 エクステンションバット Type A• のリールをセットブレーキは、内部SVS 1個On、外部ダイヤルは、真ん中とMAXの中間位の設定です。 2020年の秋には、ロングロッドが出るみたいですが、コルクストレート復活の嬉しさから、秋まで待てずに購入しました。

15
シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

2750FF-2 スーパーライトロングディスタンススペシャル 【追加】• 上にも書いたように1702はルアーフィッシングカテゴリーの中でも「ショア・オフショア共用&バス寄りのルアーフッシング用」に作ったようなイメージをうけました。 自重: 152g• 正直 3パワー以上だと、対シーバスには強すぎると思っていましたので、2パワーの 8feet以上のレングスは、自分にピッタリのロッドです。

1
シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

なのに折れない。

4
シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド シャウラ 1832 ワールド

ルアーの重さに関してはWMSC-734Hにも言えることですが、マグナムベイトやそれ以上のものを投げるなどのシチュエーションでないと必要ないですよね。 そういったちょっとした変化も見逃さず、手元に違和感として伝えてくれるだけの感度はしっかり持ち合わせていますね! 私は水深20mに迫るような深場をおかっぱりからの釣りで攻めたりするので、微妙なアタリをラインに掛かってくる水圧の変化などで判断したりする釣りもやるんですね。

5