楽しみ に お待ち し て おり ます。 「ご連絡お待ちしております」の意味・目上の人への使い方

し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に

鈴木様にまたお会いできることを楽しみにしております。

9
し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に

「心待ち」は元々、大和言葉で古くから使用されていた言葉です。

9
し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に

また、相手がこちらを来訪する場合は、「田村様のお越しをお待ちしております。 」「本日はお時間をいただきありがとうございました。

14
し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に

「要返信ですか?」「はい、お願いします」のような無駄なやり取りを省き、業務をより効率化するためにも「お返事をお待ちしております」のような一言を意識しましょう。 ご多忙なのは重々承知しておりますが、至急ご連絡をいただけますようお願いいたします。 「心待ち」は「心の中でそのことを期待して待っていること」という意味になりますので、「楽しみにしております」とほぼ同じ意味の類語になります。

し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に

」 「〇〇様がおいでになるのを楽しみにお待ち申し上げております。 「待っています」とただ単に言った時と、「心待ちにしております」と敬語で表現した際には相手に伝わるニュアンスが違うのは一目瞭然です。 時間はこちらから訪問させていただきます。

7
し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に し 楽しみ て お待ち おり ます に

返信お待ちしております。

14