租税 特別 措置 法。 租税特別措置の一覧

措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

35の2-2• 十の 七 連結完全支配関係 法人税法第二条第十二号の七の七に規定する連結完全支配関係をいう。 (1) その者が、転勤、転地療養その他のやむを得ない事情により、配偶者、扶養親族その他その者と生計を一にする親族と日常の起居を共にしないこととなった場合において、その家屋をこれらの親族が引き続きその居住の用に供しており、当該やむを得ない事情が解消した後はその者が共にその家屋に居住することとなると認められるときは、その者がその家屋を引き続き居住の用に供しているものとする。

措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

35-10• 四 製造たばこ製造者 たばこ税法第六条第四項に規定する製造たばこ製造者をいう。

17
措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

(3) 住宅借入金等には、当該信託財産に属する居住用家屋若しくは認定住宅の新築等又は居住用家屋の増改築等に係る借入金又は債務が含まれる。

措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

<適用要件>• 35-2• 3 この取扱いにより、居住用家屋の所有者以外の者が当該家屋の敷地の譲渡につき措置法第35条第1項の規定の適用を受ける場合には、当該家屋の所有者に係る当該家屋の譲渡について措置法第41条の5第1項又は第41条の5の2第1項の規定の適用を受けることはできない。 以下35-6までにおいて同じ。

措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

一 当該金融機関の営業所等、第一項に規定する賃金の支払者及び勤務先等の名称及び所在地 二 第一項の規定の適用を受けようとする預貯金、合同運用信託若しくは有価証券又は生命保険若しくは損害保険の保険料若しくは生命共済の共済掛金の別 三 当該金融機関の営業所等において預入等をする財産形成住宅貯蓄で第一項の規定の適用を受けようとするものの現在高(有価証券については、額面金額等により計算した現在高とし、生命保険若しくは損害保険の保険料又は生命共済の共済掛金については、払込保険料の金額又は払込共済掛金の額の合計額とする。

18
措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

33-45• 租税特別措置法施行令等の一部を改正する政令• 第六章 等の特例• 租税特別措置法 (相続に係る所有権の移転登記の免税) 第84条の2の3 個人が相続(相続人に対する遺贈を含む。 )の属する年(以下この項において「居住年」という。

措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

4.区分建物については,耐火建築物(建築基準法第2条第9号の2に定めるもの。

17
措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

)をし、又は一定の要件に該当する住宅用家屋を取得し、その個人の居住の用に供した場合において、これらの住宅用家屋の新築若しくは取得をするための資金の貸付け(貸付けの債務保証を含む。 41の5の2-7 附則 別表. 37-11の3• 以下41-5までにおいて同じ。 31の3-4• )又は同条第1項に規定する増改築等(以下第41条関係において「増改築等」という。

6
措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別 措置 租税 法 特別

37-11の7• 交際費等の損金不算入制度の特例 交際費等は基本的に損金として算入されませんが、「中小法人等」であれば800万円以下についての交際費等は全額損金算入させることができます。 三十一 確定申告書 第七十四条第一項(確定申告)又は第百四十四条の六第一項若しくは第二項(確定申告)の規定による申告書(当該申告書に係る 期限後申告書を含む。 36の2-5• 二 十 利益積立金額 法人税法第二条第十八号に規定する利益積立金額をいう。

9