恐縮 し て おり ます。 恐縮ですの意味とは?正しい使い方をしているか確認しよう!

し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮

送別会をここまで壮大に開いてもらえるなんて、恐縮です。 「恐」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おそれる・おそろしい」と読みます。

し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮

さらにこの精神状態を示す場合でも、二通りの使い方に分けられるようです。 「恐れ入りますが」と言う場合は、目上の人に対して申し訳なく思っていることを表します。 相手への感謝と謝罪の意味が込められている 恐縮という言葉の意味は、本来は文字通り恐れから身がすくむ状態を意味します。

し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮

「恐れ入ります」が口語では無難です。 こういったひと工夫があるのとないのでは大きく印象が異なるのがわかります。

6
し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮

恐れ入ります。

1
し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮

Who 誰が• こちらの意味ではほとんど使いません。 言葉遣いひとつで、印象というものは大きく変わります。 「すみませんが〜」「失礼しますが〜」などだと軽い感じがするので、代わりに「恐縮ですが」を使うのが良いでしょう。

9
し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮 し おり ます て 恐縮

「恐縮」の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように解説しています。

5