聖 林寺。 聖山寺

林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

靈隱寺自創建以來,歷經10餘次毀壞和重建。 另外,在靈隱寺出口處近旁建有規模宏大的殿,內有像,神態、服飾各不相同。 死体収容所として、庭で火葬が行われた。

林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

開山堂 1棟• 大雄寶殿為重檐歇山頂式,左右兩側為禪堂、齋堂,後為三層藏經樓,方丈室、珍寶館分列兩側。 当初、青松山本橋院(高竹院)といったが、(13年)に橋林寺と改められる。 殿內的正面佛龕供奉,兩側為怒目圓睜的。

17
林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

注2:第七批全國重點文物保護單位 與第六批全國重點文物保護單位 合併,名稱: ,編號:6-810• 而淨土宗十三祖亦曾擔任此寺的住持,開靈隱寺為淨土道場之風。

林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

納骨堂として建築されたが、元の本堂がで焼失したため、本堂に改築された。 絹本著色十六羅漢像 跋陀羅尊者 1幅• 但當地百姓並未接受這個名稱,仍然稱呼「靈隱寺」。

4
林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

上寺院之佛堂,為僧眾平日修法及舉辦法會的經堂。 該殿為三層構造,高達33. 絹本着色釈迦三尊十六羅漢像• 興聖寺は、の弾圧を受け、元年()、道元がに下向して以降荒廃し、住持4代で廃絶した。

3
林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

addEventListener "scroll",c ,a. 鐘楼 1棟• 噶爾敏覺仁波切多駐錫於此,亦為自轉大法輪安立處。 在猶豫之中,身旁的寵臣便出主意改名為雲林禪寺,因為雲字的筆畫簡單。 注7:第五批全國重點文物保護單位 歸入第一批全國重點文物保護單位 ,編號:1-11• 観音堂 [ ] に秘仏が安置されていて、この秘仏は子育て観音として有名。

林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

法堂(本堂、宇治市指定有形文化財) - 元年()にから移築され、改築された。 興聖寺石造相輪• の時に供出されたが、終戦後にので発見され寺に戻された。

林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

とで有名である。

林寺 聖 林寺 聖 林寺 聖

中雀門(薬医門、宇治市指定有形文化財) - 3年()建立。 当寺に伝わる古文書は『興聖寺文書』として刊行されている。

17