新聞 記者 ラスト。 『新聞記者(映画)』あらすじネタバレ!ラストの最後の言葉の意味

ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者

だから、本当は正義を貫きたくても、愛する家族や守るべき人があった場合は正義よりも別の方を選択してしまうということもあるかと思います。 「神埼さんが私達に資料を託された、その気持に応えたいのです」と吉岡が言うと、妻は鍵の束を出してきて、吉岡を夫の書斎に案内しました。 しかし、あのやつれきった表情からすると 「さよなら」か 「ばいばい」みたいな言葉なのかなと思いました。

7
ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者

そして自身の正義と、現実の圧力に苦しむ杉原役の松坂桃李さん。 それぞれの立場と正義が交錯しながら、 「医療系大学新設」に纏わる衝撃の事実が明かされていく・・・。

5
ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者

電話の主は「あなたがあの記事を書いた吉岡さんですね」と語りかけてきました。

16
ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者

シム・ウンギョンは片言の日本語のため、どうしても言葉での表現は棒読みのように聞こえがちだ。

ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者

当初依頼されたときは、監督自身、新聞もほとんど読まないため、何度か断っていたようです。

15
ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者

それで自分が不幸になるかどうかなんて考えず、正しいことをしている人間を尊敬するのは至極当然のことだ。

14
ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者 ラスト 新聞 記者

望月衣塑子さんの原作の一節を紐解いてみましょう。 杉原拓海は若手エリート官僚の一人であり、政権の批判など不都合になり得るニュースを抑制をかける立場と完全に政府側の人間である一方、自殺した神崎は彼自身の元上司で亡くなる直前まで共にお酒を交わしていたこともあり、結果として真相を知りたく吉岡エリカと共に調査を進めることとなります。 彼女の父は、優秀な記者でしたが、誤ったスクープをしてしまい、自殺していました。

17